パソコンのセキュリティ

通販や移動販売で購入できるようになった法人パソコン

家電量販店で購入できるパソコンのことを一般向けパソコンと呼び、企業団体で使われるパソコンのことを法人パソコンと呼びます。法人パソコンの特徴は仕事で使うことを念頭においているため、最新鋭の処理能力の良いソフトウェアの導入や落としたときや水没でも壊れない耐久性そしてワードやエクセルなどのソフトが既に導入されているという点です。 これまでは企業向けなので一般に販売されることは無かったのですが、現在では一般でも法人パソコンが手に入るようになっています。購入方法は主にネット通販もしくは移動販売という形であり、パソコン販売企業が直接ネット販売で法人パソコンを販売しているのでそれを購入できます。そしてもう一つが移動販売で、これは新しいものを購入したことで古くなったパソコンをデータを消去して販売に出すという流れです。

最大の違いはセキュリティの強さ

法人パソコンの強みというのは先に言ったとおりに処理能力の良いソフトウェアと耐久性そしてアプリの充実ですが、もうひとつ特筆すべきものがセキュリティの強さです。法人パソコンは何度も言うように企業で使うことを念頭においているため、大事な企業内情報を作成し管理しなければならないですよね。 そのため法人パソコンは現在可能なセキュリティ対策が全て施されており、例えばノートンやウィルスバスターなどのセキュリティソフトが既に内蔵されているだけでなく法人専用のセキュリティソフトも導入されているので強固です。それ以外にも使用者以外がパソコン画面にログインできないように指紋認証システムや、場合によっては目や顔の輪郭で判断する機能も備わっています。